PCでデータ管理できる血圧計 |オムロン 手首式血圧計 HEM-6310F

最近仕事で患者さんに、「毎日血圧を測りましょう」と言いながら、自分では全く血圧管理行っていないことに気が付き、こりゃイカンと思うようになりました。
というわけで、いい血圧計ないかなぁと探しました。できればPCでデータ管理したいので、自動でPCにデータ取り込むことができる血圧計を探したところ、オムロンとパナソニックがPC管理可能な血圧計を発売しているようでした。(他のメーカーでもあるかもしれないけどこの2つが有名みたいでした)2つのメーカーを見比べてみると、なんとなくオムロンの方が商品数が多く、管理サービスも充実しているように感じたので「オムロン 手首式血圧計 HEM-6310F」を購入しました。

オムロン 手首式血圧計 HEM-6310F
オムロン
売り上げランキング: 1,753

特徴は
・手首で測定。まずまず正確だと思います。

・血圧は朝、夜別々に管理できます。non-dipper型高血圧(夜間高血圧)とdipper型の管理に便利ですね。

・データは2人分別々に管理できるので家族で共有することができます。

・データはandoroid携帯、もしくは「USB通信トレイ」を使ってケータイやPCにデータを取り込みます。「USB通信トレイ」は別売りですが800円くらいで買えます。

・取り込んだデータはWebサービス「ウェルネスリンク」でデータ管理できます。ウェルネスリンクは無料ですが会員登録が必要です。(有料になると6ヶ月以上データ保存できる等特典があるようですが、こういうのに有料会員になる気はしないなぁ)。ちなにみデータはダウンロードできるので自分で保存しておくことが可能です。

IMG_7022
こんな感じで測定します。手首を選んだのは、冬の朝でも服を脱がなくても測定できるから。正確に測定するには上腕測定タイプがいいんでしょうけどね。

IMG_7023
USB通信トレイHHX-IT3です。この上に血圧計を近づけると自動的に通信ソフトが立ち上がって、データをサーバーにアップしてくれます。アップされたデータは「ウェルネスリンク」でグラフを確認できます。時々通信ソフトが立ち上がらないことありますが、まあまあ問題なく使えています。

また、「ウェルネスリンク」対応製品は血圧計だけでなく、体重計や歩数計・活動量計など色々あるようです。体重計はあったら血圧と一緒にデータ管理できて便利だろうなぁ。
活動計は現在jawbone UPバンドを使っているので買い換えるのは勿体ないなぁ。ほんとを言うとUPと連携できる「Withings ワイヤレス スマートボディアナライザー WS-50」という体重計あるんだけど値段が高くて手がだせません。。

それにしても、こういうライフログ製品って病みつきになります。もっと色々な製品が充実してくれるといいのに。

買ってから気づいたけどこのUSB通信トレイ HHX-IT3の対応はWindows7までで、Windows8は対応機種に入っていなかった。大丈夫かなぁとインストールしてみたけど問題なかった。良かった。
USB通信トレイのインストール方法はこちら。(こちらの方も買ってからWin8対応でないことに気づいたみたい)
オムロン USB通信トレイ HHX-IT3買ったった – 自営(文筆業)にっき
オムロン USB通信トレイ HHX-IT3買ったった

オムロン USB通信トレイ HHX-IT3【ウェルネスリンク対応】
オムロン (2012-02-01)
売り上げランキング: 158