十角館の殺人 |本

呼んでおきたいミステリーの記事を呼んでいると良く名前が挙がって気になっていたミステリーです。「新本格ミステリーブーム」の先駆けとなった作者の作品だけあって、舞台は現代でありながら古典的なミステリーのような雰囲気を楽しめました。

十角館の殺人 (YA! ENTERTAINMENT)
綾辻 行人
講談社
売り上げランキング: 364,515

商品の説明
内容紹介
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! 1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫)
内容(「BOOK」データベースより)
十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!’87年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。
著者について
綾辻 行人
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。2012年に「館」シリーズ9作めとなる『奇面館の殺人』(講談社ノベルス)を上梓。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
綾辻/行人
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。’87年に『十角館の殺人』で作家デビュー、“新本格ムーヴメント”の嚆矢となる。’92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『びっくり館の殺人』など、“館シリーズ”と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


今作は正直イマイチでした・・・ | アリアドネの弾丸 海堂尊

正直イマイチでした。。途中で読むのが辛くなった。。

海堂尊と言えば医療エンターテイメントとでもいう分野で「チームバチスタ」や「ブラックペアン」など医療問題の社会への提起とエンターテイメントを融合した作品をいくつか出してきました。私もほとんどの作品は読んでいるのですが、なんだか年々内容が薄くなってきてる気がします。今回読んだ「アリアドネの弾丸」はほとんど内容がなかった気がする。。

今までの作品ではまず社会に伝えたいメッセージがあった気がするんです。死因不明な社会とか、Aiとか代理母問題とか。今回もAiを扱っているんですが、特に今までと比べて目新しいことがなかった。その分ミステリーに重きを置いているとも言えるのですが、その謎解きにしても中だるみで最後の最後で一気に解決してしまって、正直短編でも十分な内容の密度に感じました。だって72時間以内に解決しないといけないという時間制限ありながら、結局パソコンのデータ処理に大半を費やしてて物語上は何をやってるんだかまったく分からないし。

それから、シリーズものの宿命でもあるのですが、おなじみキャラが多くなってくるとそのキャラをいちいち大事に描かないといけなくなって必要ないエピソードが多くなってしまう。キャラに頼るようになってしまって、物語の内容の薄さを誤魔化そうとしてるように読めてしまいます。それになんだか、キャラの描き方が気持ち悪いんですよねー。なんだか全員ナルシストで。中二病のようなキャラばっかり出てくるんですよ。これは作者の趣味なんでしょうが。今までの作品は、それでも扱ってる内容がそこそこハードだったので、そのギャップが新鮮でもあったのですが、今回のようにミステリーの物語重視で、中二的な登場人物が中二的な理屈で事件を解決しても、なんだかキジョウの空論を振りかざしてる気がしてちょっと辟易しました。今後、このシリーズはもう読まないかも。。

でも書いてて思ったけど、大概の小説は「中二的」な要素含まれているのかもしれないなぁ。そんな事はないかなー?もしくは「腐女子的」な要素かどちらか。この前読んだマークスの山なんかは腐女子的、この件についてはちょっとゆっくり考えてみます。

アリアドネの弾丸(上) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
海堂 尊
宝島社 (2012-06-07)
売り上げランキング: 1508
アリアドネの弾丸(下) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
海堂 尊
宝島社 (2012-06-07)
売り上げランキング: 1464

amazonより-
商品の説明
内容紹介
シリーズ累計850万部突破の、国民的メディカル・エンターテインメント“田口&白鳥”シリーズ。前作から約2年の歳月を経て、待望の最新刊がいよいよ登場です! 平穏な東城大学付属病院で一発の銃声が響くとき、「バチスタ・スキャンダル」を超える、未曾有の危機がやってくる――。心とは裏腹に、順調に出世街道を進んで行く田口公平医師と、厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔が、完璧に仕組まれた偽装殺人のアリバイトリックに挑む! 真犯人との、論理と論理の激しい対決が見物です。
内容(「BOOK」データベースより)
東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む。

ブラックペアン1988
ブラックペアン1988

posted with amazlet at 12.10.20
海堂 尊
講談社
売り上げランキング: 76513
チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社
売り上げランキング: 18571

腐女子的な一面があるミステリー | マークスの山

最初のこの本読んだのはハードカバーだった。調べてみると1993年に出版されたのが最初だからかれこれ20年近くたってることになるのか。年とったなぁ。

最初の読んだ時は、重厚な文体からこの作家は男性だと思っていたのですが。そういう目でみると、各所に女性的な目線で男性が描かれています。女性的というか腐女子的な目線といった方が正確かも。その一面は「照柿」、「レディー・ジョーカー」と進むにつれ露骨となっていくのですが、まあその辺にまったく興味の無い私が読んでもかなり面白い小説です。

今回読んでいる文庫本は全編手直しが入っているそうで、例えば合田刑事のトレードマークの白い「ズック」の表記がが全部「スニーカー」変わってるとか、刑事達のキャラに手が加えられたり、犯人の頭の中の声がもっと分かりやすく全面的に書き換えられたりしてるそうです。スニーカーはズックの方が雰囲気でていいと思うけどなぁ。

面白かったので、太陽を曳く馬も注文してしまった。

マークスの山(上) (講談社文庫)
高村 薫
講談社
売り上げランキング: 85283
マークスの山(下) (講談社文庫)
高村 薫
講談社
売り上げランキング: 108759
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉

posted with amazlet at 12.10.10
高村 薫
新潮社
売り上げランキング: 74097
太陽を曳く馬〈下〉
太陽を曳く馬〈下〉

posted with amazlet at 12.10.10
高村 薫
新潮社
売り上げランキング: 72846

腎臓内科関連の本を注文

腎臓内科の本を2冊程注文。1冊は腎臓病について、具体的でわかりやすそうなもの。もう1冊は透析患者についてのわかりやすそうなもの。来月も腎臓内科ローテなので勉強します。

レジデントのための血液透析患者マネジメント
門川 俊明
医学書院
売り上げランキング: 15377

良くも悪くも福本伸行マンガ| 銀と金

これもお正月にまとめて読んだマンガ。

福本伸行のマンガは天・アカギ等どれも面白いですね。「銀と金」は金融を舞台にした話のはずなんですが結局ギャンブルやっちゃってます(笑)。相変わらずの心理戦で面白いのですが、なんだか話しにまとまりが無くってアカギや天ほど勝負に深みがないです。
そういう意味で同じ福本マンガでも「黒沢」は群を抜いて異色で面白い。ただの中年男性が工事現場で働いているだけなのに、生死をかけたギャンブルやゲームをしてるかのような心理戦があり勝負がある。それが日常であるがゆえに滑稽さと悲哀が生まれているのです。黒沢映画化とかしないかなぁ


ピンポン

お正月なので家でノンビリ過ごそうという事で、TSUTAYAでマンガ借りてきました。最近のマンガはよくわからないのですが、なんとなく有名だど読んだことないやつ借りようと思って借りたのがこれです。

卓球って大変なスポーツですね。
どんなことでもそうだけど一流を目指すのってしんどいことなんだなぁとか思ったお正月。


こどもの一生 – 中島らも : 本

これは行きの飛行機の中で読んだ本。
前半はコメディなんだけど、
突然ホラーになって「えぇぇ!?」って驚かされる。
なんでも、
これは舞台用に書いた脚本を小説にした作品らしいのだが、
当時、らもさんが主催する劇団「売名行為」が
超人気で何をやっても爆笑されるのが、
つまらなくなって、
「ひとつ驚かせてやろう」と思って書かれたのだとか。
それを聞いて納得。
不思議な雰囲気あふれる、
らもさんらしい話しです。
ちなみに私はらもさんの、
「今夜すべてのバーで」が好きです。

 

↓ランキングクリックお願いします

楽天ブックス: こどもの一生 – 中島らも : 本


ジーン・ワルツ – 海堂尊 : 本

ドイツ旅行に行く時に
何冊か本を持って行きました。
これは行きのバスの中で読み始めて、
フライトまでの間に読んでしまった。
飛行機って乗ってる時間も長いですが、
待ち時間も長いんですよねー。
さて、
今回の海堂尊氏は「産婦人科」領域をテーマにしています。
不妊治療や代理母問題、福島県立大野病院の逮捕事件などなど
この領域には難しいテーマや問題がたくさんありますもんね。
この小説はこれらの話題をとりあげながら、
決して深入りすることはなく、
上手くエンターテイメントに仕上げています。
小説には社会を変える力があるなぁ、
と感じました。
もっとも私には文才もなければ、
社会を変えようというだけの気概もありませんが。

楽天ブックス: ジーン・ワルツ – 海堂尊 : 本