赤ちゃん歓迎の宿 |京家 京都

赤ちゃんを連れての旅行はとにかく大変でクタクタになりました(肉体的にも精神的にも)。GW中なので新幹線の混雑を心配しましたが、こだまは空いていたので、問題なく座席確保できました。子供も機嫌よく過ごしてくれたのは助かりました。

宿泊先をどこにしようか迷いましたが、赤ちゃん歓迎の宿の「京家」さんに泊まりました。


ちなみに、赤ちゃん歓迎の宿はミキハウスの次のサイトで探しました。

宿は京都駅のすぐ目の前にあります。それほど大きい宿ではないですが、建物に入ってすぐのフロントの目の前に子供用のおもちゃやぬいぐるみや絵本の置いてある部屋がありました。ちょうど別の子供が遊んだ後でちらかっていますが(笑)。この部屋においてあるおもちゃや絵本は全部自室に持ち帰ることができます。

 

またフロントにはミニバーがあって、ビールや日本酒、ウィスキーがフリードリンクで飲めます。私はお酒を飲まないのですが、ノンアルコールの飲み物や100%ジュースなどもあります。また、ミルク用のウォーターサーバーもあります。

 

お部屋はそれほど大きくないですが、ポットや加湿器は子供の手が届かないように高い位置の棚に置いてあったり、コンセントカバーがついていたりと、子供に対する配慮がされています。

 

また、子供用の浴衣を準備してくれていたり、おむつ用ごみ箱や子供用の洗剤やローションなど準備してあります。

 

食事は別の個室で頂きました。個室だと他のお客さんを気にせずに済むのでうれしかったです。料理は懐石料理で、ボタン鍋がついていました。朝食も同じ個室で頂きましたが、湯豆腐がついていました。京都の一流の料亭に比べることは出来ませんが、ボリュームあってゆっくりいただくことができました。

 

子供用には、あらかじめ月齢を伝えておくと、それに合わせて離乳食を準備していただけます。夜は温うどん、朝は野菜粥を出して頂きました。携帯用の離乳食も美味しいのがたくさん売っていますが、こうして温かいものを旅先でいただけるのは嬉しいですね。

 

ウェルカムベビーの宿を初めて利用しましたが、とにかく赤ちゃん連れての旅行は不安が多いので、こういう宿は安心感がありますね。特に離乳食を準備してもらえるのと、他のお客の迷惑を気にしなくていい点がよかったです。宿泊予約は結構混みあっていたので、それだけ需要があるということだと思います。ただ、子供がもう少し大きくなって普通食を食べれるようになったり、親が旅行になれてくると普通の宿で十分になると思うので、あえてこういう宿を使う必要はないかもしれないと感じました。子供の成長は早いので、今のこの時期を大切にいろいろ旅行したいと思いました。