研修医1年目で読んで良かった本・役に立った本

参考書
早いもので研修医として働きだしてもう一年が経とうとしています。あともう一年で(一応)研修終わりと思うとまだまだ足りないことだらけで不安でいっぱいです。まだまだひとりだち出来る自信がないのですが、でもまあ去年の4月のまったく右も左も分からなかった時と比べると、右と左くらいは分かるようになった気がするので少しは成長しているのかも。
研修医1年目で働き出した時に役に立った本をまとめてみました。各科の専門的なモノは除いて、どこの科でも必要になる本です。あくまで個人的な評価ですので、全員に役たつことは無いと思います。(優秀な人からすると「こんなん常識」、「今さら何を基本的なこと言ってんの」と言われるかも!?)

輸液を学ぶ人のために

輸液を学ぶ人のために

輸液を学ぶ人のために

posted with amazlet at 12.08.22
和田 孝雄 近藤 和子
医学書院
売り上げランキング: 53025

というわけで輸液の本です。とにかく難しく考えないで、輸液って適当でいいんだぁーっと思わせてくれる本です。構成も会話式で説明されているのでとっつきやすいです。厚さもそんなにないので直ぐに読めるし。オススメ

抗菌薬の考え方、使い方

抗菌薬の考え方、使い方〈ver.2〉
岩田 健太郎 宮入 烈
中外医学社
売り上げランキング: 121775

この本は感染症で有名な岩田健太郎先生の本です。「基本的な考え方を飲み込めば、そこにあるのは楽しい知的作業である」というコンセプトで書かれているので、読み物としても面白いです。辞書的な使いかたをする本ではないですが、最初にざっと読んでおくと実際に薬使うときに考えながら処方出来るようになると思うし、またある程度使い慣れてからもう一度読むといくつも発見があると思う(←私は今ココ) でもやっぱり抗菌薬って難しい。

感染症レジデントマニュアル

感染症レジデントマニュアル
藤本 卓司
医学書院
売り上げランキング: 12314

内科レジデントの鉄則

内科レジデントの鉄則

内科レジデントの鉄則

posted with amazlet at 12.08.22
医学書院
売り上げランキング: 247644

当直医マニュアル

当直医マニュアル〈2012〉
医歯薬出版
売り上げランキング: 25878

私はiPhoneにこれや、今日の治療薬やイヤーノートを入れて使っています。iPhoneならポケットがパンパンになることないですし、何より書籍と違い検索機能がついてるので便利です。

研修医当番御法度

研修医当直御法度 第5版

研修医当直御法度 第5版

posted with amazlet at 12.08.22
寺沢 秀一 島田 耕文 林 寛之
三輪書店
売り上げランキング: 50701

ねころんで読めるCDCガイドライン

ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書
矢野 邦夫
メディカ出版
売り上げランキング: 92834

内科診断学

内科診断学 第2版

内科診断学 第2版

posted with amazlet at 12.08.22
医学書院
売り上げランキング: 135653

フェルソン読める胸部X線写真

フェルソン読める!胸部X線写真―楽しく覚える基礎と実践
ベンジャミン・フェルソン ローレンス・R.グッドマン
診断と治療社
売り上げランキング: 33354

他にも役に立った本があった気もするけど取り敢えず今日はコレくらいで。こうやってまとめると結局定番モノが多いなぁ。


One thought on “研修医1年目で読んで良かった本・役に立った本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です