口パクやめて生歌でというシーンで口パク |映画 バーレスク

田舎から出てきた女の子がショーの世界で成功していくというベタベタなサクセスストーリー。女の子が夢見るような話なんでしょうが、歌と踊りがたくさんあって嫌いじゃないです。舞台シーンたくさんで楽しかった。
主役のクリスティーナ・アギレラは歌手だけあって歌唱力ハンパなかった!オーナー役のシェールも存在感あって歌も良かった。
ただ残念だったのがひとつ。ストーリーの中で、舞台の歌を口パクでやっていたのを生歌変えて大人気になるというシーンがあるのですが、そういう設定の割にどの歌もあきらかに口パクでチョット興ざめでした。せっかくだから生歌で撮影することは難しかったのかなぁ。そうすれば名作なのに。
【ストーリー】
バーレスク・ラウンジ、それはセクシーなダンサーたちがゴージャスなショーを繰り広げる大人のためのエンタテインメントクラブ。
片田舎を離れ、アリは歌手になる夢を追いかけて、ロサンゼルスを目指す。
テスが経営するクラブで、自分が思い描いていた憧れの世界に出会ったアリは、アルバイトを始める。
やがてアリの抜群の歌唱力と突出したダンスの才能が話題となり、クラブは大盛況を極めていくのだが・・・。
内容(「Oricon」データベースより)
声・歌・ダンス、そしてピュアな情熱が全ての人々の心を奪う!珠玉のエンタテインメント!世界中を魅了するスーパー・アーティストのクリスティーナ・アギレラ映画初主演作!オスカー&グラミー賞W受賞で音楽界、映画界の頂点を極めたスーパー・スターが競演!

バーレスク [DVD]
バーレスク [DVD]

posted with amazlet at 12.08.22
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-10-05)
売り上げランキング: 371

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です