旅行先で使える無線LANルーター |PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150N

iPhone、iPad、MacBookAirなど手軽に持ち運びできるデバイスがたくさんあって便利なんですが、旅先のホテルには優先LANが一つしかなくって、せっかくのPCやiPhoneが使えないってことありますよね。また海外に行った時に、海外定額でiPhoneのパケット通信使うことできますが、1日で数千円とけっこうな金額になってしまいます。海外でも有線LANは使えるホテル多いのですが、無線LANが使えるとこって少ないんですよねー。
そんな時に便利なもの見つけました。
「PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150N」

PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150N
プラネックス (2011-04-28)
売り上げランキング: 154

対応規格 : 無線部/IEEE802.11b、IEEE802.11g、 IEEE802.11n、有線部/IEEE802.3(10BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)
アンテナ : 内蔵アンテナ1本 (1T1R)
インターフェース : RJ-45 UTPポート×2(Internet、LAN、AutoMDI/MDI-X対応)
セキュリティ : 無効(暗号なし)、WEP(キー長:64bit/128bit、キーフォーマット:ASCII/Hex)、WPA(暗号化方式:TKIP、認証方式:PSK)、WPA2(暗号化方式:AES、認証方式:PSK)、WPA2 Mixed(WPA/WPA2、暗号化方式:TKIP/AES、認証方式:PSK)、MACアドレスフィルタリング/最大登録数:20件
商品の寸法: 5.5 x 4.2 x 1.5 cm ; 32 g

IMG_3826.jpg

商品注文!届いたのでさっそく開封!
まず驚くのが大きさです。小さいっ!
手のひらに余裕で収まります。
本体の他に電源用のUSBコードが付いています。iPhone充電用コネクタで使えますし、PCのUSBポートからでも電源取れるのは便利そうです。
自宅の部屋で使ってみましたが電波状況も問題無いです。普通の部屋の中なら問題なく使えます。
セキュリティーも設定できるのでホテルで使う時も問題なさそう。
ただし。このセキュリティー設定にやや問題が!
付属のマニュアルにはセキュリティ設定するために「rp.setup」または「192.168.111.1」に接続すると書かれていますが、これは間違いです。アクセスポイントモードで設定画面に入るには「192.168.xxx.250」でないと接続できないのです。xxxはルーターのアドレスです。例えばルーターのアドレスが192.168.0.12」ならxxxは0になります。これマニュアルに書いてないってちょっといただけないですねw。
もちろんセキュリティーなしでも普通にインターネット使えるんですが、海外やホテルで使うにはちょっと不安ですよもんね。
今までiPadのWifiモデルは自宅でしか使う機会なかったんですが、旅行先で現地情報調べたりするのにiPadの大きな画面が便利そう。このポケットルーターなら小さくて荷物にならないし旅行に必須アイテムになりそうな予感~。
「PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150N」

PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150N
プラネックス (2011-04-28)
売り上げランキング: 154

One thought on “旅行先で使える無線LANルーター |PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150N

  • 2012/07/10 at 04:51
    Permalink

    まとめtyaiました【旅行先で無線LANを使う方法 |PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150N】

    iPhone、iPad、MacBookAirなど手軽に持ち運びできるデバイスがたくさんあって便利なんですが、旅先のホテルには優先LANが一つしかなくって、せっかくのPCやiPhoneが使えないってことあります

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です