島田でハイキング | 尾川丁仏参道 島田

先日島田へハイキングに行って来ました。午前中に島田で用事があったので、午後から簡単に手軽に歩けるところを探してみたところ、島田市観光協会のHPにハイキングコースが紹介されてました。市町村のHPを検索すると大抵のところで手頃なハイキングコースや登山コースを紹介してるんですね。


島田市観光マップ | ハイキングコース版

このマップから選んだのは「尾川丁仏参道」。1町毎に33体の石像があるなんて楽しそう。


というわけでやってきました。尾川丁仏参道の入り口です。入り口には看板がでてるのでわかりやすいです。場所は「市立老人ホームぎんもくせい」を少し北に行ったところです。ナビで検索するときは「島田市大津農村環境センター」で検索すると便利だと思います。


入り口に看板があります。1町=100m毎に石像があって全部で33体あります。あとどれくらいでゴールなのか目安になるので便利です。


歩いていくとすぐに山道になります。


さっそく1体目の石像です。


すぐに2体目。意外とラクチンです。


20体目(?)位から茶畑が広がります。天気良かったので気持ちいいです。


途中で縁結びの杉なんてものがありました。


その直ぐ先に椎の木が張りだしてます。


このすぐ先に道標があります


わかりにくいですが、亀石方面は石垣の上を歩いて行く道です。下の道を歩いて行くと市道に出ます。


亀石の看板です。昔、酒樽を背負った人がこの石に腰掛けて休んでいたら、樽の中の酒がなくなっていたとか。それ絶対犯人はその人だと思う。。


これがその亀石です。右側がそうです。


ここから市道に出ます。あともう少しです。


道のそばに石像が続きます。


ようやく智満寺に到着!


っと思ったら、ここから天然記念物の10本杉までは寺の階段を20分程登らないといけないとか。。けっこうきついっす。


この時点で既に15:00。出発が遅かったのですが片道は大体1;30~2:00位ですね。帰りの時間を考えるとあんまりゆっくりできなかったので、1番近くにある頼朝杉だけ見ようと思って登って行きました。すると、なんと頼朝杉はばっくり折れていた。なんとも哀しい。

帰りは同じ道を帰って行きましたが、夕焼けが綺麗でした。ちなみに近くに「伊太和利の湯」という立ち寄り湯があるので、帰りによるといいですよー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です