九州温泉巡り |九重 筌の口温泉(うけのくちおんせん)

九州旅行2日目。
熊本のはげの湯温泉を後にして、大分の別府温泉に向かいます。途中、九重に寄り道することにしました。

久重夢大吊橋は高さ173m、長さ390mにわたる大きな吊り橋です。入場料500円で歩いて渡ることができました。私は高所恐怖症なので、なんでお金払ってまで怖い思いしないといけないのかと思いながらも、なんとか渡りました。橋の上からは、日本の滝百選の震動の滝や、九酔渓(鳴子川渓谷)の雄大な景色を望むことができます。

この九重は観光客が通過してしまい滞在時間が短いことが悩みだったそうで、観光客増大のためにこの大吊橋を建設したのだとか。2006年のオープン以来、2012年までに既に700万人が訪れており予想を大きく上回り大成功を収めているそうです。私が訪れた日も天気に恵まれていたこともあり、たくさんの人が橋を渡ってました。

橋を渡って身も心も冷えきってしまったので、橋の直ぐ近くにある筌ノ口温泉で一風呂浴びていくことに。

筌の口温泉
大分県玖珠郡九重町大字田野筌ノ口
0973-76-3150 ‎

筌の口温泉は以前は、川端康成が投宿したという歴史ある温泉です。今は旅館が3件程と共同浴場が2つあるのみで、ひなびた雰囲気が漂って良い感じです。町営の共同浴場「筌の口温泉」は24時間入浴可能で入浴料も200円と安いです。というか九州の温泉はどこも100円とか200円とか超お手ごろなところが多い!

浴槽や床は茶褐色に変色しており、お湯は黄色で温度はけっこう熱めです。冷えきった身体に染み付いてくる。窓からの日差しが室内のひなびた感を増して良い感じです。私が入浴した時には別におじさんが1人入っていたので色々と話しながらお湯に浸かっていたのですが、そのおじさんはここのお湯が好きで月に2回程わざわざ福岡から通っているそうです。そんな気分も十分理解できてしまういいお湯でした。

すっかり温まったところで別府に向かって出発。

IMG_5345


2 thoughts on “九州温泉巡り |九重 筌の口温泉(うけのくちおんせん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です