飲んでも美味しい炭酸泉 |湯屋温泉 下呂の奥座敷 湯屋の秘湯 泉岳舘

IMG_5522

 

下呂温泉までの道のりはまったく雪がなかったのですが、そこからどんどん奥へ進むにつれて空が雪模様になり、辺りも雪景色となっていきます。

 

館内は建物自体は古くて所々痛みが目立ちますがソコソコ清潔で綺麗にされています。温泉のお湯で入れた珈琲等が自由に飲める談話室があったりと落ち着きます。館内の至る所に、これでもかというぐらい貼られた相田みつを作品にはいささか閉口しましたが。

 

部屋には和室と隣にベッドルームがあってかなり広かったです。和室にはコタツが置いてあってほっこり落ち着きます。

 

まず、飲泉場で、炭酸泉を頂きます。予想外にちゃんと炭酸で、少し味もついていて美味。今まで飲泉した中で、これだけ美味しいと思ったのは初めて。

温泉は、ぬるめのお湯と熱めのお湯の2つの浴槽があります。

まずは熱めの浴槽で身体を温めます。少し硫黄の臭いがして、いいお湯ですが、期待していた炭酸感ははあまりありません。

身体を温めてからぬるめの浴槽へ。最初は、暖かめの温水プール位ぬるく感じます。足下に網があってそこからポコポコと泡が出てきて、身体に泡が付き、シュワシュワとまではいきませんが、体全体で炭酸を感じます。しばらく浸かっていると少しずつ暖かくなってきます。足下から出てくる泡を眺めているといつまでたってもあきません。ぬるめのせいかいつまでも入っていられます。血管がいつもよりも浮き上がっていることに気が付きました。さすが炭酸泉。ぬるめの浴槽も、熱めの温泉も沸かして源泉かけ流ししているそうです。大変だけど頑張ってるんだなと感心します。
IMG_5551

 

料理は、いわなの刺身とか、アマゴの塩焼きとか、地元の食材を使っていて、好感が持てます。
(山奥で海のモノとかいらないと常々思っているので。)
炭酸泉のしゃぶしゃぶが出てきて、本当にこの名湯を押したい宿なんだなと思いました。

 

ちなみに、宿のすぐ目の前に温泉のお湯が湧いていて、宿泊客でなくても自由に汲んでいけるようになってます。少し鉄とイオウのニオイのする炭酸水は、宿で飲んだ炭酸水とくらべるとほんのり塩味でそのまま飲んでもなんとも美味しいです。きっとこれでウィスキーの炭酸割りを作ったら美味しいんだろうなぁ。
IMG_5578

 

下呂の奥座敷 湯屋の宿 泉岳舘
下呂市小坂町湯屋温泉
0576-62-3010


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です