ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡 |映画

南アフリカを舞台にバンドで成功するまでを描くドキュメンタリーというので、ブエナ・ビスタみたいなのを想像してたけど、路上生活する障害者が主役で、貧困・障害など中心に描かれててドラマ性の高い映画だった。この後、このメンバー達はどうなったのだろう?

ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡 [DVD]
アメイジングD.C. (2011-11-02)
売り上げランキング: 53,385

内容紹介
まだ、世界は捨てたもんじゃない。

コンゴのどん底から世界No1バンドへ。
路上の音楽集団とストリートの子供たちの5年に渡る勇気と希望の物語―。

★2010年カンヌ映画祭<監督週間>オープニング作品
★第36回セザール賞 最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート作品

【ストーリー】
キンシャサの路上で、2人のフランス人映像作家がスタッフ・ベンダ・ビリリと出会った。ポリオのため下半身不随となった彼らは、レストランの入り口などに座り、そこに出入りする外国人客に演奏を聞かせ、お金を稼いでいた。メンバーのリーダー格パパ・リッキーは、“シェゲ”と呼ばれるストリート・チルドレンたちの親代わりだ。引ったくりで稼ぐのが当たり前のシェゲたちは、音楽に出会うこと、ベンダ・ビリリに出会うことで、引ったくりをしなくて済むようになる。ビリリは「路上の真実」を歌っていた。彼らの音楽に圧倒された2人のフランス人、ルノーとフローランは、彼らのアルバムを作ろうと資金を集めの決意をし、同時に彼らのドキュメンタリーを撮り始めた―。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
コンゴ民主共和国の首都・キンシャサの路上に暮らす、車椅子4人、松葉杖ひとり、健常者3人のメンバーが手作り楽器で演奏するバンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」。数々の困難や挫折を乗り越え、成功を収めるまでの5年間を記録したドキュメンタリー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です