ゴーストライター | 映画

#movie  
2015年に観た映画を記録がてら挙げていきます。大分忘れているので覚えているものだけですが。

商品の説明
内容紹介
名匠ポランスキーがサスペンスフルに描く、ミステリー・エンターテインメントの金字塔!

知りすぎた、男(ゴースト)―。英国首相は、なぜ戦争に加担したのか。その謎を、目覚めさせてはならない―。

2008年にインターナショナル・スリラー・ライターズ・オーガニゼーションで最優秀作品賞を受賞し、ベストセラーになったロバート・ハリスの小説「ゴースト・ライター」(講談社文庫刊)を、『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞に輝いた巨匠ロマン・ポランスキーが完全映画化!
ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナンなど豪華俳優陣と、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞ノミネートの音楽家アレクサンドル・デスプラなど極上のスタッフで描き出す、息もつかせぬ本格サスペンス!

【ストーリー】
元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター。ラングが滞在する真冬のアメリカ東海岸の孤島に1ヵ月閉じ込められることと、締め切りまで時間がないことを除けば、おいしい仕事のはずだった。しかし、前任者のゴーストライターは事故で死んだという-。とにかく、気乗りがしなかった・・・。 仕事を始めた直後、ラングに、イスラム過激派のテロ容疑者を“不法”に捕らえ、拷問にかけたという戦犯容疑がかかる。しかし、この政治スキャンダルもまだ序章に過ぎなかった。 はかどらない原稿と格闘していく中で、ゴーストライターはラングの発言と前任者の遺した資料との間に矛盾を見出し、ラング自身の過去に隠されたもっと大きな秘密に気づき始める。やがて彼は、ラングの妻ルースと専属秘書アメリア・ブライとともに、国際政治を揺るがす恐ろしい影に近づいてゆく・・・。

【キャスト】
ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン、イーライ・ウォラック

【スタッフ】
監督・脚本・製作:ロマン・ポランスキー、撮影:パヴェル・エデルマン、音楽:アレクサンドル・デスプラ、原作・脚本:ロバート・ハリス 「ゴーストライター」(講談社文庫)

【映像特典】
謎を紐解くメイキング映像(約30分)
インターナショナル版予告篇(約4分)
日本版予告篇(約2分)
オリジナルTVスポット(約2分)
貴重なフォトギャラリー(静止画)

【初回限定特典】
豪華アウターケース
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『戦場のピアニスト』などで知られる巨匠、ロマン・ポランスキー監督によるサスペンス。元英国首相のゴーストライターとして雇われた平凡な男が国家機密に巻き込まれていく様を、巧みな演出と緊密な映像で描く。ユアン・マクレガー主演。

内容(「Oricon」データベースより)
知りすぎた、男(ゴースト)―。英国首相は、なぜ戦争に加担したのか。その謎を、目覚めさせてはならない―。名匠ポランスキーがサスペンスフルに描くミステリー・エンターテインメント!ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラルほか出演。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です