バードマン | 映画 #movie

昔バッドマンでヒットした俳優がブロードウェイの舞台で再起を図ろうとするというストーリー。ハリウッドはブロードウェイに対して妬みやコンプレックスがあるのだなぁ、知らんかった。

 

内容紹介

全世界が熱狂! アカデミー賞(R)作品賞ほか最多受賞!!

もういちど輝くために、もういちど愛されるために。

<キャスト&スタッフ>
リーガン…マイケル・キートン(牛山 茂)
ジェイク…ザック・ガリフィアナキス(丸山壮史)
マイク…エドワード・ノートン(宮本 充)
サム…エマ・ストーン(武田 華)
レズリー…ナオミ・ワッツ(岡 寛恵)

監督・脚本・製作:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:ニコラス・ヒアコボーネ/アレクサンダー・ディネラリス・Jr/アルマンド・ボー
撮影監督:エマニュエル・ルベツキ,ASC/AMC

●字幕翻訳:稲田嵯裕里 ●吹替翻訳:大森久美子

<ストーリー>
映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演も兼ねてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムとは溝が深まるばかり。しかも決別したはずの“バードマン”が現れ、彼を責め立てる。果たしてリーガンは、再び成功を手にし、家族との絆を取り戻すことができるのか?

<ポイント>
●第87回アカデミー賞(R)で最多4冠!! (作品賞/監督賞/脚本賞/撮影賞)世界総計185部門という驚異的な受賞数で2015年賞レースのトップに君臨し続けた最大の話題作!
●『バットマン』(1989)のマイケル・キートンが、かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した落ち目の俳優を演じ、人生をやり直そうと奮起し、現実と幻想の狭間で不運と精神的ダメージによって追い込まれる姿を映す。
●不条理なストーリーと独特の世界観を作り出したのは『バベル』でカンヌ国際映画祭監督賞に輝き、アカデミー賞(R)にノミネートされたアレハンドロ・G・イニャリトゥ。
●全編1カットかと見紛う長回し映像で圧倒的なリアル感と臨場感を演出するのは『ゼロ・グラビティ』のエマニュエル・ルベツキ。

※本作品の本編字幕色は製作者の意図により劇場公開時と同じく黄色となっております。予めご了承下さい。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『バベル』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がかつて一世を風靡した俳優の再生を描いた人間ドラマ。長いスランプの中にいるスーパーヒーロー映画の大スター・リーガンは、再起を決意し…。主演はマイケル・キートン。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です