薔薇の名前 | 映画 #movie

有名な小説は難解だと評判ですが、映画を見る限りでは普通に楽しめました。特に中世の修道院の雰囲気は観ているだけで魅力的です。扱っている内容が宗教観の問題なので確かにその点は難解なのかも。

 

商品の説明

内容紹介

中世のイタリアの修道院で巻き起こる謎の連続殺人事件・・・
ショーン・コネリー&クリスチャン・スレーター主演!

宗教裁判が激化している中世のヨーロッパで、イタリアの修道院での会議にイギリスの修道士ウィリアム(ショーン・コネリー)と、見習いのアドソ(クリスチャン・スレーター)が参加していた。そこで不審な死を遂げた若い修道士の死の真相解明を任された二人が謎を探るうちに、再び殺人事件が発生する・・・。『セブン・イヤーズ・イン・チベット』の名匠ジャン=ジャック・アノー監督による、中世の雰囲気を存分に醸し出す、謎に充ちたゴシック・サスペンスの傑作!

【映像特典】
1. ドキュメンタリー:ウンベルト・エーコの薔薇の名前 (約43分)
2. ジャン・ジャック・アノーのビデオ・ジャーニー (約16分)
3. オリジナル劇場予告編

内容(「Oricon」データベースより)

宗教裁判が激化している中世ヨーロッパを舞台に、修道士の連続殺人事件の解明に挑む中年の僧と見習い修道士の姿を描いたゴシック・サスペンス。「WARNER THE BEST ¥1,500」対象商品。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です