屋久島4日目 「民宿 いなかはま」

DSC06249
今回の旅のスケジュールはコチラ
屋久島の旅4日目は宿を変えて、島の北側のいなか浜の海岸沿いにある「民宿 いなかはま」へ。旅の後半は海で遊ぼうということで、こちらの宿で3泊することにしました。

DSC06248
世話好きな宿の主人さんです。滞在中は観光スポットや屋久島のことを色々教えて頂きました。また、この宿では主人が早朝にウミガメ産卵&子ガメの孵化の観察を案内してくれます。このことについてはまた後ほど詳しく説明しますが、これだけでもこの宿に宿泊する価値大ありです!

DSC06250
食堂です。食事はここで宿泊者みんなで食事します。夕食時は窓から夕焼けが海に沈む様子を望めてそれはいい景色です。

DSC06256
宿の食堂から眺めた夕焼けです。向こうに見えるのが沖永良部島(おきのえらぶとう)です。

DSC06262
夕日が海に沈んでいきました。

DSC06799
違う日の夕焼けの様子です。日によって夕日の見え方って異なるんですね。夕食は大体18:30からなので、7月頃だとちょうど食事が終わる頃に夕日が見えます。

DSC06243
部屋の様子です。ちょっと散らかっててお見苦しいです。畳の部屋はシンプルで広さは十分あります。しかも部屋にはTVがありません。インターネットもないです。TVないと暇かなぁと思ってましたが、朝は4:50分からウミガメの産卵&孵化見学があって早起きですし、日中は海や川で散々遊ぶので、夜は早々にぐっすり寝てしまってまったくTV見る必要ありませんでした。また、ここいなか浜は産卵にきたウミガメを驚かせないように、夜間は窓のカーテンをしっかり閉めなければいけない決まりになっています。地域全体でウミガメを守ろうという意識があるようです。


宿の食事はさすがに海の幸が豊富です。量もたっぷりでお腹いっぱいになります。
宿泊初日の夜はここいなか浜で開催されているウミガメの産卵見学に参加しました。この見学は宿の主人がやっている見学とは別のツアーです。詳細は次回。

まっぷる屋久島 奄美大島・種子島 (マップルマガジン)
昭文社 (2013-01-18)
売り上げランキング: 256,163
ネイチャーガイドと歩く屋久島 (ブルーガイド てくてく歩き)
実業之日本社
売り上げランキング: 123,282

屋久島旅行1日目 「いやしの民宿とんとん」

DSC05752
屋久島滞在の前半3日間はは「いやしの民宿とんとん」にお世話になりました。前半は縄文杉に行く予定があるので、縄文杉に近いところで評判のいい宿を探してここに決めました。空港から車で30分程度、縄文杉出発地点の屋久島自然館までは車で20分程度です。

宿に着くと優しそうなご主人と女将さんと娘さんが出迎えてくれました。

DSC05758
部屋は広くはないですが、床が杉のフローリング作りで、清潔で杉のいい香りがして気持ちいいお部屋です。客室は4室と少ないですが、人気の民宿なので予約はいっぱいです。早めの予約が必要だと思います。各部屋は隣り合わない作りになっているので、部屋の物音は聞こえませんが、お風呂やトイレや洗面所が共用でその物音は結構聞こえます。夜中や早朝登山に出かける方の音で眠りが妨げられることはあるかもしれません。

DSC05759
各部屋にはTVと冷蔵庫が備え付けれれています。また無線LANも飛んでいるので、WiFiでPCやスマートフォンも使えます。これありがたいですね。

DSC05756
お風呂は共用です。4室しか客室ないので、ほとんど別のお客とかちあうことは無いと思います。また浴室には洗濯機があって自由に洗濯することができます。洗剤や部屋干し用の洗濯干しは備え付けられています。洗濯1回100円を支払うように集金箱が置かれています。
また、宿から車で10分程のところに立ち寄り湯の「尾之間温泉」があるので、私は毎晩そちらを利用していました。宿の方に言うと温泉に持っていく用にシャンプーやボディシャンプーがセットになったアメニティーを借りれます。縄文杉や海で泳いだ後に温泉行くのがオススメです。


宿の中心に食堂があります。みんな一緒に食事を頂きます。縄文杉に行く方は朝が早いので、前日に言っておくと朝食は無しにして、変わりに朝と昼のお弁当を注文して準備してくれます。


食事は美味しいです。田舎の旅館にありがちな、「これでもか!」と凝った食べててしんどくなる料理ではなく、地元の食材を使ったシンプルで丁寧でヘルシーな料理でとても美味しかったです。優しい味付けなので女性向けだと思いますが、男性でも十分お腹がいっぱいになると思います。(実際若い女性客が多かったです。もちろん年配の方も多かったですが。)

ここの娘さんがマッサージの資格を持っているそうで、お願いすればマッサージの施術も受けられるようです(有料)。頼んでる人も多かったです。私はお願いしなかったのですが、縄文杉の後はマッサージありがたかっただろうなぁ。

 

まっぷる屋久島 奄美大島・種子島 (マップルマガジン)
昭文社 (2013-01-18)
売り上げランキング: 256,163
ネイチャーガイドと歩く屋久島 (ブルーガイド てくてく歩き)
実業之日本社
売り上げランキング: 123,282

西伊豆で富士山を眺めながら温泉 | 松濤館 西伊豆

富士山見ながら温泉入りに西伊豆の宿に行って来ました。

 

伊豆温泉旅館 富士山絶景の高級旅館 三津浜 松濤館公式HP
公式HP

 
 
 

松濤館という宿です。ここはスタッフの方々がとても親切で気持ち良かった。変に気取ってなくって、親しみやすくって。料理も変に手がこんだ料理でなく、素直な料理でとても美味しかったです。
温泉は残念ながら、どこか別のところからお湯を運んできてるそうですが、そのかわりに景色が絶景です。富士山を真正面に眺めながらお湯に浸かることができます。この景色だけでもこの宿に泊まる価値あると思います。

伊豆って沼津IC降りてからの道が渋滞で大変なんですが、最近は伊豆縦貫道ができてかなり便利になりました。まだ完全には縦貫道開通してないのですが、完全開通すればもっと伊豆に行きやすくなると期待できます。しかも、新東名が開通したことで車が東名と新東名に分散して渋滞が解消しています。名古屋方面から御殿場まで快走であっという間に着くようになりましたしね。伊豆は関東からも浜松・名古屋からも近くて海や温泉などいいところがたくさんあるのでアクセスが便利になればいいですね。

伊豆・三津浜 松濤館(しょうとうかん)の予約はこちら