夏の京都は鱧ですね |大喜久 北白川

狭くて入れないとタクシーを降ろされ、初夏の京を高台に向かって歩くこと5分。
急な坂道に入る手前にひっそりと佇んでいました。
のれんをくぐると、ミシュラン1つ星というイメージとは違って、5、6人入ればいっぱいになりそうなこじんまりとしたカウンター席です。
メニューは鱧懐石のみ1万5000円です。
IMG_3766.jpg
IMG_3768.jpg
IMG_3770.jpg
ハモのこと湯葉あえ ゆず風味
骨が全然気にならなくて、これまで食べてきた鱧は何だったんだろう。
鱧切りの技術もさることながら、味付けとか組み合わせとか、料理としての完成度も高し!!
田舎町に住んでいると、中々こういう丁寧な料理は食べられないな、、、。
IMG_3773.jpg
ハモの茶碗蒸し
IMG_3774.jpg
鱧のお造り
お造りは、初めて。上品な甘味があります。
IMG_3775.jpg
鱧の湯引きと焼き湯引き
一番馴染みがあるだけに、一番違いが際立ちます。
花が咲いたみたいにふわっとして、口に入れてもふわふわしたまま、溶けていきます。
梅肉も醤油も美味しい。
IMG_3776.jpg
鱧の葛たたき
IMG_3780.jpg
鱧の源平焼き
白焼きと蒲焼の色を見立てて源平焼きだそうです。
淡白で、あっさりしていて美味しかったです。
IMG_3781.jpg
賀茂茄子の鱧と海老のそぼろ餡かけ
IMG_3782.jpg
鱧のしゃぶしゃぶ
鱧が丸まって、動いてきたら食べごろなんだとか。
火をしっかり通した方が柔らかくなるらしいです。
鱧の出汁って甘くて美味いんですね。知らなかった。
意外と油が出ます。フグの出汁に似てるのですが、
なんというか、フグの出汁をちょっと硬派にした感じです。
IMG_3783.jpg
焼き鱧と新生姜のごはん
IMG_3784.jpg
京野菜で作った特製のシャーベット
IMG_3785.jpg
鱧切りの技術は抜群。
技術だけに溺れること無く、味付けにも品があるし、料理の一つ一つに必然性があるんですよね。
夏は鱧だけになるけれど、それ以外のシーズンは普通の懐石料理になるそうです。
冬はフグもやっているとか。
店の大将も名店にありがちな威張ったところがなくて、安心して食べられます。
ほんと美味しかった。
特に鱧が好きではない人も行く価値有りです。
欠点は、他の店の鱧を美味しいと思えなくなってしまうこと。
行くときは気をつけてください。
帰りのタクシーは、京都の路地に負けずに店まで来てくれました。
店名 大喜久 (だいきく)
TEL 075-724-8159
住所 京都府京都市左京区北白川丸山町1-115
交通手段
 京阪電鉄・出町柳駅より車で10分位。
 駐車可能台数が少ないので自家用車での来店は予約時に
 その旨を告げる必要があるそうです。
 (駐車は店舗前に2台程度)
 市バス:3系統仕伏町行き・終点:仕伏町下車徒歩3分
 茶山駅から1,437m
営業時間
 12:00~14:00(来店は12:00~12:15迄に)
 17:00~22:00(L.O20:00)
定休日 不定休(前々日以前2名以上の完全予約制)
予約 完全予約制
カード 不可
ホームページ http://www.f7.dion.ne.jp/~daikiku/
京都 京料理 懐石 大喜久
公式HP


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です