オールスター勢ぞろいって感じですね | バイオハザードⅤ

私はこのバイオハザードってゲームやったことないので、ゲームと比べてウンヌンて評価はできないのですが、映画はけっこう好きで今までの全作観ています。こういうゾンビものとか、そもそもアクション映画ってのがあんまり好きじゃないんですが、ミラ・ジョボヴィッチが好きなのと、なんだか疲れている時に観るとすっきりした気持ちになるもんで。

今回は前作の終わりシーンからの続きで始まります。今まで登場した敵味方キャラが総動員で出演しています。映画やゲームファンの人からすると嬉しいと思います。私的には前作でてきた大きな斧をもった巨大な敵(名前はわからん)が好きで、今回も出てきたので良かった。

ただ前回からの続きの割にストーリーがほとんど無かったのが残念。終始戦ってるシーンばかりだったような。ただ、そのアクションシーンは良かったです。今回映画館で3Dで観たのですが、この映画は3Dとの相性いいですね。面白みが倍増してる気がします。

エンディングはようやく敵に対して巻き返しをはかるぞってところで終っていたので、次回はストーリー展開するかも。

それにしても、ミラ・ジョボヴィッチも年とりましたねぇ。それでも好きですが。

バイオハザードV リトリビューション – オフィシャルサイト
Official site

最終章へ向けて― 過去の事実を全て覆す、驚愕の真実が明らかに!
敵が助け、味方が裏切る・・・・・・!? 怒涛の新展開!!

ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン、アリスと、世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットした『バイオハザード』シリーズ。1作ごとにスケールとパワーを増しつつ、それぞれ独立した作品としても楽しめる本シリーズの第5作『バイオハザードV:リトリビューション』が、前作に続き3Dで登場!

アンブレラ社が開発したT-ウィルスが蔓延し、地球はアンデッドに覆い尽くされようとしていた。人類最後の希望であるアリスは、アンブレラ社に囚われ、ある極秘施設の中で目覚める。アリスはその巨大な施設から脱出しようとするが、気がつくと東京、ニューヨーク、モスクワなどの壊滅したはずの都市に移動している。実は、その施設には、世界を覆す驚くべき秘密が隠されていた。しかも、全ての背後には、アンブレラ社をも裏切った最凶の黒幕が・・・・・・。元仲間がアリスを攻撃し、かつての敵が手を差し伸べる。アリスは誰を信じ、何を疑えばいいのか?最終決戦に向けて、アリスの壮絶な戦いが始まる!

2012 年アメリカ映画/スコープサイズ/ SDDS/SR*D /本篇上映時間:1 時間36 分/全5巻 3D・2D・IMAX(3D のみ)/字幕・吹替え/原題:Resident Evil: Retribution 字幕翻訳:太田直子

– Official siteより –


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です