とても効果のありそうな名前の温泉です |毒沢鉱泉 神乃湯

ホテルを出ですぐに草津温泉に向かう予定でしたご、諏訪湖周辺に良さそうな温泉がたくさんあったので、予定を変更して立ち寄り湯に入って行くことにしました。

毒沢鉱泉 神乃湯

毒沢鉱泉 神乃湯
〒393-0091 長野県諏訪郡下諏訪町社7083 TEL:0266-27-5526

その名も「毒沢温泉 神の湯」。なんとも凄いお湯がでそうな名前です。なんでも鉄分、明礬が恐ろしく濃いため、沢にいる魚がみな死んでしまったために“毒沢”という名になったとか。これは是非とも入ってみたいお湯です。

源泉名 毒沢鉱泉
泉質 含鉄((監))-アルミニウム-硫酸塩冷鉱泉(酸性低張性冷鉱泉) pH2.5
泉温 2.0℃(気温2℃)
●鉱泉の効能
【飲用】 ・貧血・慢性消火器病
【適応症】 ・神経痛
・筋肉痛
・五十肩
・運動麻痺
・関節のこわばり
・うちみ
・くじき
・慢性消火器病
・痔疾
・冷え性
・病後回復期
・疲労回復
・健康増進
・月経障害
・慢性皮膚病

諏訪湖からすこし離れた場所、細い道を少し走ると宿が見えてきます。建物はなかなか味わいあっていい雰囲気です。

お風呂のある建屋は別になっているため、一旦外にでます。

浴槽です。右手にある大きい湯船が暖かいお湯で、左手の小さい浴槽が源泉そのままの冷泉になります。大きい湯船でも4、5人入ればいっぱいになる程の大きさです。小さい冷泉は一人しか入れないほどの小ささ。

まずは暖かいお湯で身体を暖める。お湯は赤茶色でしっかりと濃いです。このお湯はケガや病気に効くと言われているそうで、この宿に泊まるひとの多くが湯治目的で長期宿泊が多いとか。しっかり温まったあと、冷たいお湯に入ってみましたが、これがびっくりする位冷たかった。心臓止まるかと思いました。この温冷浴を3-4回繰り返すのが正しい入浴方だそうなので、頑張って3回繰り返しました。最初はびっくりするほど冷たかったですが、数回繰り返すと不思議と身体がぽかぽかしてきました。身体が慣れたのか、それとも温泉の効果なのでしょうか?

また浴室には飲泉用のお湯もあったので飲んでみましたが、これがもの凄い味。酸っぱ苦くてとても飲めなかった。。魚が死んだってのもあながち嘘でもないかも。でも貧血、胃腸不良などに効果があるそうですよ。

雰囲気いいですし、お湯も良いです。またここの主人が薬剤師らしく食事も健康に良いものが出るとか。湯治にはうってつけかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です