「目に見えぬ別の物語が必ずある」 映画 刑事ベラミー

刑事ベラミー [DVD]
刑事ベラミー [DVD]

posted with amazlet at 13.08.11
紀伊國屋書店 (2012-09-29)
売り上げランキング: 111,293

妻と共にバカンスを過ごしていた刑事ベラミーが事件に興味を持ち、一人捜査を始める。ところが、この事件の謎解き自体はストーリーのメインではなく、ベラミーと妻や弟などベラミーという人間を取り巻く関係性を淡々と落ち着いたトーンで描かれていく。なんとも捉えどころがない。最後のテロップで「目に見えぬ別の物語が必ずある」という言葉でハッとさせられます。不思議と後に余韻を残す映画でした。クロード・シャブロル監督の遺作。

 

ストーリー(完全にネタバレありです)

墓地の近くの海岸で黒こげの車と焼死体が見つかる。死体はエミール・ルレという保険会社社員のものと見られていたが、後に別人と判明する。ルレによる保険金詐欺の疑いが浮上し、世間の注目を集めることとなるが、ルレ本人は行方をくらましており、残された妻が共犯者との疑いを受けてマスコミに追われる身となっていた。
一方、パリの警視ベラミーは妻フランソワーズと彼女の故郷であるニームでバカンスを過ごしていた。そこに謎めいた男が現れ、話を聞いて欲しいと言う。いぶかしむ妻に反して、その男に興味を抱いたベラミーは呼び出されるままに男のいるモーテルの一室にやって来る。すると男はノエル・ジャンティと名乗り、一枚の写真を見せると、そこに映っている男を殺したと言う。ジャンティは不倫をしており、愛人も妻もみなが幸せになれると思って人を殺してしまったのだと語る。要領を得ない話に、ベラミーは写真を預かって自宅に帰る。ジャンティが見せた身分証は偽物であり、名前も偽名であることを確認したベラミーはフランソワーズに写真を見せると、彼女は写真に写った男がジャンティ本人に似ていると言う。
ベラミーとフランソワーズのもとに、ベラミーの父違いの弟ジャックが訪ねて来る。ベラミーとは違い、定職にも就かず、飲んだくれの前科者であるジャックはベラミーにとって悩みの種であり、フランソワーズも快く思っていなかったが、ジャックはしばらく滞在することになる。
ベラミーはジャンティの妻に会いに行くと、彼女は今話題のルレの妻であり、しかも部屋に飾られたルレの写真から、ノエル・ジャンティがルレ本人であることに気付く。ルレの妻にルレとの夫婦関係などを聞き出したベラミーは次にルレの愛人ナディアに会いに行く。ナディアの証言によると、ルレは自分が死んだことにして保険金を妻に残し、自分はナディアと暮らすつもりだったという。さらに、ルレの身代わりとしてナディアが見つけたホームレスの男ドニを事故死に見せかけて殺すつもりだったが、実際にドニを殺害する段になって不安になったナディアは計画から降りたのだと告白する。
改めてジャンティことルレに会ったベラミーは、確かにルレはドニを自分の身代わりにして事故死させるつもりだったが、実際にはそうしなかったと証言する。ドニには元々自殺願望があり、ルレが目を離している隙に勝手に車を運転して事故を起こして死んだのだという。ベラミーはドニの遺体の身元確認をしたドニのかつての恋人クレールと会い、ルレの証言の裏付けを取ろうとする。彼女の証言によれば、ドニは自殺をするような男ではないが、遺体が見つかった近くの墓地はドニが行きたがっていた場所だったという。
ナディアとの新生活を望むルレだったが、ベラミーはナディアが事件の担当警視ルブランと関係を持っていると知ると、その事実をルレに伝える。ショックを受けたルレに代わって、ルレの妻にルレとの今後について聞きに行ったベラミーは、ルレの妻が突然死しているのを発見する。すると、ルレが姿を消し、しばらくしてニーム警察に出頭する。
クレールの知人である新人弁護士がルレの弁護を引き受けることになると、ベラミーのアドバイスによる歌を使った弁護によって、ルレに無罪判決が下る。その様子を映したテレビ映像の片隅で、ルレがナディアと抱き合って喜んでいる姿を見たベラミーは、すべてはルレとナディアの計画で、自分は騙されていたのではないかと疑うが、事件に関わることをやめる。
一方ベラミーは、ルレとの会話の影響もあり、フランソワーズがジャックと親しくしている様子に嫉妬を感じるようになっていた。そして、ベラミーは子供時代に天使のようだったジャックの存在を疎ましく思い、殺そうとしたことがあるとフランソワーズに告白する。そんな中、ベラミーの車で出て行ってしまっていたジャックが事故を起こして死んだとの連絡が来る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です