名物料理の石焼と揚げ素麺 | 井筒屋 祇園

高台寺をぶらぶら散策したらすっかり日が暮れてしまいまいた。

夜ごはんを何処で食べるか決めていなかったので、そのまま京都の街並みを見ながらお店を探して祇園に出てきました。祇園のお店は敷居が高くて、予約なしでふらっと入れるような雰囲気ではないのですが、お店の前にお品書きを出しているお店あったので予約なしで食事できるか聞いたところ快く案内して頂きました。

井筒屋さんです。

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅

 

先付け

 

冷酒

 

八寸。5月なので海老が鯉になっています

 

お造り。鱚の昆布締めって初めてだったけど美味でした。

 

お吸い物

 

こちらが井筒屋さんの名物料理のひとつの石焼です。焼いた石が出てきました。

 

石と一緒に出てきた器です。自家製の酒盗の中に海老や鮑やイカが入っています。刺身でも食べられるぐらい新鮮だそうです。

 

酒盗に入った具材を石の上で焼いて頂きます。酒盗を焼くと香ばしい鮮烈な香りがたって、海鮮とよく合います。海鮮物は少し生焼け程度で食べるほうが美味しかったです。さすが名物だけあって、ちょっと驚きのある印象に残る料理です。残った酒盗を全部食べきれなくて勿体ないなぁと思ってしまいました。

 

鍋 雲丹を鍋で食べるというのは初めてですが美味しかったです。

 

揚げ物

酢の物

こちらもこのお店の名物料理の揚げ素麺です。懐石料理で揚げ麺が出てきたので意外性があって驚きます。麺は細く繊細な素麺が揚げられていて、万願寺唐辛子の千切りの餡がかかっています。揚げ麺ですがガチガチに固まってるのではなく餡と絡むとほぐれます。何とも不思議な食感で一度食する価値はあります。

 

デザートは餡子と木の筒が出てきました。

 

木の筒はところてんで、自分で押し出して食べます。こういう、ちょっとした驚きとか趣向があると楽しいですね。

 

予約なしで訪れたのに予想をいい意味で裏切る料理を楽しむことができました。特に名物料理の石焼と揚げ素麺は絶品でまた味わいと思わせる料理でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です