フィジー旅行記 5日目 帰国 ナンディ~成田

dsc01660

フィジー5日目。いよいよ帰国です。ホテルからナンディー空港へ向かいます。フィジーの街並みもこれで見納めかと思うと悲しいです。10分ほどで到着しました。

 

dsc01662

空港でチェックインしました。ちょうどこの時期はオリンピック期間中で、しかもラグビーのフィジー対日本でフィジーが勝った直後だったので、空港の職員に昨日ラグビー勝ったね!と自慢されました(笑)。フィジーでラグビーは人気なのでオリンピック中は盛り上がっていました。この後に結局フィジーはラグビーで優勝して金メダルを獲得します。フィジーがオリンピックで金メダルを獲るのは初めてのことで、国民の祝日に制定されることとなりました。

 

dsc01666

搭乗手続き後はかなり時間があったので、カフェで軽く朝食を食べて税関で買い物をして時間をつぶしました。免税店は充実しているので、買い物する時間がなかったかたはココでも購入できます。ただし、すでにチェックイン済ましているので液体物を機内に持ち込むには制限あるのでお酒やボディークリームなどは注意が必要です。

10:00発の予定でしたが、やや時間遅れて出発しました。行きと同じく仁川空港で乗り換えて21時頃に成田に到着しました。今回の旅行は乾季にも拘わらず天気が今一つでやや残念でしたが、フィジーは良い国でした。またゆっくり行きたいですね。ただ、日本から直行便がないので乗り換えると時間がかかるのと、毎日便があるわけではないので日時が調整しにくいのが難点と思いました。

 

img_0240

成田到着が夜遅かったので、そのまま空港近くのホテルに一泊しました。

成田ビューホテル

 

基本情報

  • 住所
    〒286-0127千葉県成田市小菅700
  • TEL
    0476-32-1122
  • FAX
    0476-32-1078
  • 交通アクセス
    空港まで早朝4:40より無料シャトルバス運行/ホテル、成田空港・JR成田駅間(所要約15分)/成田IC車で3分
  • 駐車場
    360台有 【平成26年9月16日より】24時間ごと200円(10日間以降は24時間ごと2000円)
  • チェックイン
    14:00 (最終チェックイン:29:30)
  • チェックアウト
    11:00
  • 総部屋数
    489室

 

 

img_0242

空港からホテルの送迎バスに乗って到着。海外と比べるとやっぱり日本のホテルは行き届いています。ここのホテルは大浴場があるのですが、熱いシャワーに熱いたっぷりのお湯に浸かると、自分の身体が思った以上に浸かれていたのに気づきました。この日はゆっくり休んで次の日に自宅に帰りました。

 

旅行の時はやっぱり地球の歩き方が役に立ちますね。

 

 


フィジー旅行記 4日目 ナンディ~メルキュールホテルナンディ

dsc01548

マナ島4日目。今日いよいよマナ島を出発する日です。朝から悲しいです。荷物を部屋の前に出しておくとスタッフの方がフロントまで荷物を運んでくれます。

 

dsc01558

チェックアウトして10:30の船の時間まで桟橋の手前で待ちます。なんともいい景色です。

 

dsc01561

この日がマナ島滞在した中で一番良い天気でした。桟橋からサウスビーチが見渡せますが、ほんとに綺麗なビーチです。

 

dsc01580

船から降りてくる人を出迎えるためにホテルスタッフの方がギターを持ってスタンバってます。船を待つ我々の為にもいくつか歌を歌ってくれました。

 

dsc01590

フェリーに乗って島を出発します。ありがとうーマナ島ー!

 

dsc01614

1時間半ほどでフィジー本島に到着しました。そこからバスでメルキュールホテルナンディに到着しました。このホテルは空港からナンディ市街のちょうど真ん中に位置するホテルで、どちらも車で10~15分程度で行けます。近くに飲食店もたくさんあるのでトランジットには便利です。

 

dsc01622

ホテルは新しくありませんが必要十分といった感じでした。ホテルの中庭にはプールもありましたが、時間もないので入りませんでした。チェックインしてすぐに昼食とお土産のショッピングのためにタクシーでナンディタウンに向かいました。

 

dsc01638

ナンディタウンは小さな田舎町といった感じです。メインストリートの両脇にお店が並んでいますが、端から端まで歩くとあっという間に通り過ぎてしまいます。

 

dsc01639

主要なお土産屋さんはこのメインストリートに並んでいます。小さな地元のお店もたくさんありますが、あんまり良いものは売っていなかった気がします。

 

dsc01625

ここにもJacksがありました。売っているものは大体どこでも一緒です。

 

dsc01626

ツアー会社のスタッフの方に勧められたカレーの美味しいというお店で遅いお昼を食べることにしました。Corner cafeというお店です。以前はsaffronというお店だったようですが、カフェスタイルに変更して前が変わったそうです。カレー料理自体は前と変わっていないとか。

 

dsc01628

店内は綺麗でひろびろとしています。

 

dsc01636

おススメのチーズカレーです。このカレーは美味しかった!!日本人に食べやすい味ですが、香草など日本では中々食べれないカレーです。

 

dsc01637

こちらは羊のカレー。これも美味しかった!フィジーはサモア人の次にインド人が多いです。英国の植民地時代にインド人がたくさん連れてこられたせいです。そのせいでカレー屋さんがたくさんありますが、ナンディに来た時は是非ここで食事することをお勧めします。食事の後はお土産をしっかり買い込んでタクシーでホテルに戻りました。

 

dsc01648

夕食はホテルから歩いて5分ほどのトゥース・プレイス Tu’s Placeというお店に行きました。フィジー料理やアジア料理が食べれるカジュアルレストランです。

 

dsc01652

これはフィジー料理のココンダです。フィジー風の刺身のマリネでココナッツミルクに付け込んであります。マリネは新鮮でさっぱりしていますが、ココナッツミルクでまろやかなお味になっています。フィジー料理って意外と繊細で日本人の口にあうものが多いです。

 

dsc01653

こちらはグリーンカレーです。はっきり言って美味しかったけどかなり辛かったです。

 

dsc01654

こちらは名前忘れましたが麺料理です。

 

dsc01656

こちらはナシゴレン。しっかりした味付けでした。

ちょっとたくさん頼みすぎたので全部食べ切れませんでした。旅行会社のスタッフの人にはどんなに距離が短くても夜は危ないのでタクシーを呼ぶようにと言われていましたが、ホテルまで近いので歩いて帰りました。特に危険なかったです。

次の日は朝早くにチェックアウトして、10:00の便で日本に帰国です。

旅行の時はやっぱり地球の歩き方が役に立ちますね。


フィジー旅行記 3日目 マナ島 シュノーケリング~サンドケイ

dsc01476

マナ島3日目。ようやく雨が上がりました!

 

dsc01478

朝食は部屋で簡単に済ませてビーチに向かいました。傘をささなくても歩ける幸せ。

 

dsc01472

途中でヤシの実を見つけまして。割ればジュースが飲めるのかな?

 

dsc01513

サウスビーチです。波も穏やかで絶好の天気です。

 

rimg0972

海に入るとさっそく魚が居ました。

 

rimg0973

噂通りノースビーチよりも、ここサウスビーチの方が魚が多いようでした。

 

rimg0978

潮の加減もあるんでしょうが、すぐに深くなります。

 

rimg0980

カラフルな魚が横切ります(笑)。

 

rimg0989

少し沖にでるとすぐにサンゴはなくなります。水がきれい透明度高いですが、ここ結構深いです。

 

rimg0990

カメラ目線。

 

rimg1007

ようやくフィジーの海を楽しむことが出来ました。

 

dsc01511

しばらく泳いだ後は早めの昼食を食べにレストランい向かいました。レストラン前のプールです。昨日までと違いたくさん人が泳いでいます。

 

dsc01516

プールの側のバーカフェです。

 

dsc01484

ノースビーチレストランに併設しているカフェで昼食にしました。

 

dsc01494

パスタを注文しまいたが量が多いので2人で1皿で十分満腹でした。

 

dsc01485

カフェは夜にはバーになります。

 

dsc01519

レストランを出ると夜のロボ料理の準備中でした。ロボ料理はフィジーの伝統料理で肉やイモなどをバナナの葉に包んで焼けた石を上にのせて蒸し焼きにする料理です。今夜のバッフェはロボ料理なので今夜が楽しみです。

 

rimg1020

昼食後はホテルのオプションツアーで申し込んでいたサンドケイへのシュノーケリングツアーへ参加しました。サウスビーチに集合してボートに乗り込みます。

 

rimg1028

シュノーケリングポイントまで15分ほどです。午後になり天気はいよいよ良くなってきました。波も穏やかで気持ちいいです。

 

rimg1038

サンドケイの少し手前でボートが止まって海に入ります。ガイドの方は日本語話せるので安心です。サンドケイの周囲はサンゴ豊富で魚もたくさんいます。ちょうどドロップオフに沿って泳いで島に向かいます。写真ではうまく映ってないですが、この時にサメがいました!人間を襲うことは無いそうなので危険はないとのことですが、かなり恐かったです(笑)。

 

rimg1032

定番のクマノミもいました。

 

rimg1072

そしてサンドケイに到着~。写真ではわかりにくいですが白い砂浜だけの小さな島です。1周3分位で歩いて回れる、ホントに何もない島です。遠目にみると白い砂浜が海に浮かんでいるように見えます。世界絶景100選に選ばれたのも納得のなんとも幻想的な島でした。ガイドの方が準備してくれた紅茶とクッキーを頂いて砂浜でのんびり休憩してからホテルに戻りました。

 

dsc01495

ホテルに戻るとちょうどカバの儀式のアクティビティーが始まるところだったので参加しました。カバの儀式というのはフィジーの伝統儀式でちょっとしたお祝いやお客様をおもてなしをする時に行う儀式だそうです。

 

dsc01503

真ん中の男性の器の中に泥のような液体がありますがこれがカバの汁です。カバとは胡椒科の木の根を乾燥させたもので、これを水に溶いた液体を飲みます。この液体は鎮静作用があるそうでたくさん飲むとお酒に酔ったようになるとのこと。小さな器で一人ずつ飲んでいきますが、飲んだ後に舌がしびれるような感じがありました。あんまり美味しいものではなかったですが、せっかくフィジーに来たからには一度は体験しておきたい儀式ですね。

 

dsc01521

夜になって夕食を食べにレストランに向かいました。プールがライトアップされていて綺麗です。

 

dsc01525

今夜のバッフェは昼間に見たロボ料理でした。いきなり豚の丸焼きが目に入ります。

 

dsc01527

おイモです。タロイモでしょうか?日本ではなかなか食べない触感で美味しかったです。

 

dsc01528

これは魚の蒸し料理です。

 

dsc01526

こちらは別のお肉ですね。

 

dsc01530

全体的に素朴な料理でしたが全体的に肉料理が多かったです。

 

dsc01535

夕食が終わったら、いつものとおり夜のアクティビティーに参加しました。今夜はフィジーのメケダンスでした。男性が戦いの前の勇ましさを、 女性は客人をもてなす穏やかな仕草が特徴的だそうです。確かに男性のダンスは激しく迫力がありました。

 

dsc01537

フィジーの音楽はハーモニーが綺麗でうっとりと聞き入ってしまいました。

 

dsc01546

最後は宿泊客も参加してダンス大会になって終了しました。

こうしてマナ島3日目にしてようやくフィジーらしさを楽しむことが出来た気がします。明日はいよいよマナ島を去ってフィジー本島に戻ります。

 

旅行の時はやっぱり地球の歩き方が役に立ちますね。


フィジー旅行記 2日目 マナ島 マナ・アイランド・リゾートアンドスパ

DSC01430

2日目朝。前日の移動の疲れと時差(フィジーの方が日本より3時間早い)のせいで翌朝は遅めに起きました。外をみると相変わらず雨が降り続いています。

 

DSC01428

朝食は昨日の夕食を食べたのと同じノースビーチレストランへいきました。

 

DSC01419

朝食もビュッフェです。果物たくさん食べれるのは嬉しいですね。

 

DSC01421

ベーコン、ソーセージ。このソーセージ美味しかった。

 

DSC01422

何かのパイだったっけ?忘れてしまいました。

 

DSC01424

パン類も豊富です。

 

DSC01423

お粥もあります。

 

DSC01420

ジュース。

 

DSC01429

朝から食べ過ぎてしまいました。

 

DSC01434

レストランの目の前にプールがあります。雨と寒さのせいで誰も泳いでいなかったです。

 

RIMG0951

雨は降り続いていましたが、せっかくフィジーに来たので海に入ってみました。シュノーケリングセットは無料で借りることができます。ただし、毎日夕方には一度返却する必要あるので少し面倒です。

 

RIMG0935

ノースビーチの波打ち際は砂浜ですが、少し沖に出るとサンゴ礁が広がっています。雨のせいもあり水の透明度はあまり良くなかったですが、魚はまずまずいました。

 

RIMG0943

聞いた話ではノースビーチはサンゴがたくさん見れますが、魚の数はサウスビーチの方が多いそうです。翌日サウスビーチで泳ぎましたが、確かに魚はサウスビーチの方が多かったです。

 

RIMG0938

それでも魚はたくさん見れました。

 

RIMG0923

この日は波も少しあったのでサンゴで足を擦って痛かったです。

 

 

RIMG0948

しばらく泳いでいましたが、いよいよ雨が強くなってきました。体温も冷えて寒くなってきたので、泳ぐのはそこそこにして午後は部屋でゆっくり読書などして過ごしました。南国感はあまりありませんでしたが、フィジーの雨の音を聞きながら部屋でゆっくりするのも悪くなかったです。

 

DSC01437

この日の夕食はアラビア料理でした。写真撮るの忘れましたが、香辛料が効いた料理が多くて美味しかったです。

ホテルでは毎日日替わりで色々なアクティビティーが開催されていて、ホワイトボードにその日の予定が書かれています。この日は夜にヤドカリレースをやるというので食後に出かけました。

 

DSC01467

ホールに行くとすでにたくさんの人が集まっていました。みんな雨でやることなかったのだと思います。時間になると、昨夜のゲームで司会をやっていたのと同じ人が現れて司会をはじめました。どうやらランドアクティビティー担当のスタッフが決まっているようです。すごくしゃべりの達者な人で会場を盛り上げていきます。ヤドカリレースは何匹かのヤドカリでレースを行いますが、それぞれのヤドカリにはフィジー代表やオーストラリア代表など各国代表に見立てられています。観客はどれが勝つか予想してヤドカリにお金をかけますが、掛け金はセリ形式で一番高い金額を付けた人だけがセリ落とすことができます。米国やオーストラリアなどは宿泊客が多いのでかなり高値がついていました。100F$以上だったかな?1F$=50円くらいなので5000円以上です。日本代表のヤドカリもいたのでいくらか競ってみましたが、すぐに値段が上がって別の外国の方に競り落とされてしまいました。ちなみにホテル内の食事はほとんどルームチャージで良いですが、この時だけはお金を賭けるのに現金が必要なので準備して行った方がよいです。

すべてのヤドカリに賭け終わるとようやくレースです。バケツに入れて円の真ん中に集められ、バケツを開けてスタートです。ヤドカリはなかなか動きませんが、それでも直ぐに何匹かがこそこそと円の外に向かって動きだしました。勝負は2-3分位でつきましたが、トップのヤドカリがゴールした時は観客の盛り上がりがピークでした。結局香港代表のヤドカリが優勝でした。1~3位までで賞金が山分けになるので1位の方は賞金の1-2万円程度?もらってました。

そんなこんなでマナ島2日目が終わっていきました。明日は晴れると良いです。

 

旅行の時はやっぱり地球の歩き方が役に立ちますね。


フィジー旅行記 1日目 マナ島 マナ・アイランド・リゾートアンドスパ

DSC01361

ホテルにチェックインして部屋に案内してもらいました。この部屋はタイプが色々ありましたが、奮発してオーシャンフロントスイートにランクアップしてもらいました。この部屋は2階建てでむちゃくちゃ広かったです。お風呂も1階と2階の2つあります。家族で泊まる用なので2人で泊まるには広すぎました。

 

 

DSC01369

1階のリビング。窓をあけると目の前はサウスビーチがすぐ目の前です。

 

DSC01368

1階ソファーベッド

 

DSC01364

こちらは2階です

 

DSC01365

2階に大きなベッドがあります。

 

DSC01367

部屋には虫よけグッズが用意されていましたが、この時期蚊はまったく居なかったので使いませんでした。

 

DSC01372

部屋にチェックインしましたが、外はあいにくの雨で海にはとても入れませんでした。移動で疲れも溜まっていたので、スパでマッサージを受けることにしました。マナ・スパです。このスパはフィジーでも評判が良いです。値段も手ごろなので島にいる間に是非施術を受けることをお勧めします。ちなみに人気なので予約しないといけないこと多いですが、この日は運よくすぐにマッサージを受けることができました。

 

DSC01375

スパ内の様子。

 

DSC01378

アロマを選ぶように言われます。ちなみにここでも日本人スタッフがいるので言葉の心配ないです。

 

DSC01381

マッサージは別の部屋に移動して受けます。

 

DSC01382

マッサージのメニューはたくさんありますが、フィジーの伝統療法のフィジアン・ボンボを選びました。このフィジアン・ボンボは手のひらから肘までを使って揉みほぐしていく力強いマッサージです。サモア人は身体が大きいので、このようなマッサージが発達したのだとか。

 

DSC01383

ココナッツ入りのお湯で足を洗ってもらってマッサージが始まりました。マッサージは評判どおりすごく良かったです。滞在中にもう一回受けたかったですが時間が合わなかったので、この一回しか受けれなかったです。残念~。

 

DSC01385

マッサージ終わった後は夕食に出かけました。レストランはサウスビーチレストランとノースビーチレストランの他にカフェもありますが、私が宿泊した時期はサウスビーチレストランが改装中でしたので、毎日ノースビーチレストランとそれに閉設するカフェで食事をすることになりました。

 

DSC01387

ノースビーチレストランは朝夕のビュッフェ形式となります。夕食は毎晩テーマが決まっていて、この日はオーストラリア料理がテーマでした。お肉がたくさんでボリューミーでしたが、料理はおいしかったです。ネットでホテルの評判を観ていると以前は料理があまり良くなかったようですが、数年前からかなり美味しくなってようです。

 

DSC01386

こちらはスープ。毎回趣向の異なるスープがあって美味しかった。

 

DSC01397

レストランのすぐ隣のホールでは毎晩催しものが開催されます。この日は宿泊客参加のゲーム大会をやっていました。観ていると参加するように促されて、私もゲームしてきました。見事勝ち抜いて優勝してしまった。商品にホテルのTシャツをもらいました。島の夜はあまりやることないので、夜になると宿泊客がここに集まってくるのでかなりにぎやかで盛り上がってました。

ゲーム終わって部屋に戻ってシャワー浴びようとしてらお湯が出ませんでした。雨が降ってるせいで、部屋はかなり寒かったのでフロントに連絡したらすぐ直してくれて使えるようになりました。暖かいシャワーを浴びてこの日は就寝しました。

 

 


フィジー旅行記 1日目 出発~マナ島

今年の夏休みはフィジーに行ってきました~♪
毎年夏休みは南国でバカンスと決めています。海がきれいでビーチエントリーのシュノーケリングでたくさん魚が見れるとこを探してモルジブとフィジーで迷ったのですが、時期的にモルジブは雨季で、フィジーが乾季だったのでフィジーに決めました~。しかし、この判断が後々残念な結果になることに。。

 

IMG_0202

2016年8月7日 成田13:55発の飛行機に乗るために、早朝に静岡を出発しました。品川で成田エキスプレスに乗り換えて成田空港へ。いつもはセントレア使うことが多いので、成田はほとんど使ったことないのですが、静岡からだと結構遠いです。

 

IMG_0203

飛行機は大韓航空を利用しました。以前は日本からフィジーへの直行便があったそうですが、数年前に廃止になったそうです。今回は韓国仁川経由でフィジーに向かいます。

 

IMG_0213

予定時間を少し遅れて出発。仁川までは2時間30分ほどの旅です。

 

IMG_0215

夏休みシーズンなので機内は満員でした。出発してすぐに食事が出ます。美味しかったけどお腹いっぱいだった。

 

IMG_0214

機内映画でアベンジャーズ シビル・ウォーキャプテン・アメリカを観た。たくさんヒーローが出るけど知らないのが多い。

 

IMG_0220

あっという間に仁川に到着しました。乗り換えに2-3時間程あるのでゆっくりできます。

 

IMG_0224

機内食のおかげで既にお腹いっぱいで、さらに次の便で出発後すぐに食事出るの分かってましたが、せっかく韓国にきたので本場の韓国冷麺を食べました。冷麺安いし旨いー!でも辛かった~。

 

IMG_0223

こちらはフォーです。牛ダシにパクチーが美味。

 

IMG_0228

19:25仁川空港出発。

 

IMG_0231

こちらも機内はほぼ満席でした。

 

IMG_0233

機内食の韓国ビビンバ美味しかった。けどやっぱりお腹一杯だった。

 

DSC01285

約10時間でフィジー ナンディー空港到着~。到着したのは現地時間で朝の9時頃でした。日本との時差は3時間でフィジーの方が早いです。空はあいにくの雨模様です。

 

DSC01287

飛行機おりるとフィジー音楽で出迎えてくれます。

 

DSC01294

空港内に両替所あるので少し両替しておきました。街中にも両替所あるのでそんなにたくさん両替必要ないと思います。

 

DSC01298

空港からは旅行会社のバスでデナラウマリーナへ移動します。約20分ほどの距離です。現地の旅行スタッフの話では、雨降るのは数週間ぶりとのことでした。しかも天気予報では数日雨が続く見込みとのこと!フィジーで乾季にこれだけ雨が続くのは記録的なことだそうです。せっかく雨を避けてフィジーを選んだのについていないです。

 

DSC01300

バスからの景色です。こちらは地元の市場のようです。

 

DSC01301

こちらは学校でしょうか。道路は信号無くてのんびりした景色が続きます。

 

DSC01303

デナウラマリーナに到着しました。雨はこの頃Maxに強くて豪雨でした。。

ここでマナ島に向かうフェリーに乗り換えます。フェリー出発まで2時間程時間がありますが、ショップやカフェやレストランがたくさんあるので、朝ごはん食べたり買い物しているとあっという間に時間になりました。ちなみにスーパーもあるので食料や飲み物はここで調達しておくといいです。島にも売店ありますが、品揃えが限られているのと値段が少し割高のようです。

 

DSC01305

お土産屋さんのjack’s内にブーツで有名なUGGがあります。日本で買うよりもかなり安いです。オーダーメイドで注文してから作ってもらうのでその場で受け取りはできませんが、マナ島の出発時に注文して帰りに受け取りにしてもらえます。安かったので、せっかくなので一足注文しました。

 

DSC01320

フェリーが到着して乗船です。天気よければ2階、3階が天井無しのオープンスペースになっていて気持ちいいのでしょうが、あいにくの天気なので1階へ。

 

DSC01330

このフェリーはマナ島直行便ではなく、色々な島を周回しています。マナ島に着くまでに2つほど別の島に立ち寄りました。

 

DSC01331

有名なサンド・ケイが見えます。ここは後にシュノーケリングで上陸しに来ます。

 

DSC01336

船内の様子です。クーラーが効いていて寒かったです。マナ島まではおおよそ1時間程で到着しました。

 

DSC01345

雨は相変わらず降り続いています。かなり気温が肌寒くて想像していた南国のイメージと違いますが(笑)とにかく無事に到着しました。

 

DSC01349

レセプションの前でフィジー音楽で出迎えてくれます。

 

DSC01347

宿泊するマナ・アイランド・リゾートアンドスパのレセプションです。

 

DSC01357

レセプション建物内です。

 

DSC01359

ロビーの様子。到着するとすぐにホテルの日本人スタッフの方が出迎えてくれました。この方は滞在中に大変お世話になります。ここマナ・アイランド・リゾートアンドスパはオーナーが日本人なので、日本人が宿泊するのは大変便利にできています。ただ、もっと日本からのお客が多いと思っていたのですが、客の大半はオーストラリアや欧米からで、日本から来ていたのは自分達以外に3組程しか見かけませんでした。

さすがに疲れていたので部屋でゆっくりすることにしました。

 

旅行の時はやっぱり地球の歩き方が役に立ちますね。